千葉・西葛西【ギター ウクレレ 教室】Real-G Guitar Schoolブログ

レッスン日記・ミニレッスン・音楽関連について書いていきます♪

MENU

タッピング

タッピングのレッスンでした!

 

タッピングとは右手の指でハンマリングやプリングをして左手と組み合わせて音程差のあるフレーズ等を作ったり、なめらかに演奏する奏法となります。

ライトハンドと呼ばれることもあります。

 

元々メタル系のギターを弾かれてる生徒さんなのでプレイ自体はさすがにすぐに弾く事が出来ていました!

なので今回はどうしてそのフレーズになるのかという構成音をチェックしていきました。

 

TAB譜でコピーをよくされている方はあまり弾いている音が何の音でと意識する事が少ないかもしれませんね。

そうなると自分でフレーズを作る時にせっかくコピーしたものが使えなかったりするので、なるべく音を意識しながらフレーズをコピーしてみて下さいね!

 

 

【タッピングでフレーズを作る時】

・その曲のKeyからスケールを選択しスケールの音から作る

・伴奏で鳴っているコードの構成音から作る

 

と大まかに考えられます。

コードがAm-Fと進行する場合

 

『Am』時(構成音はA C E)

1弦5フレット(A)(左手)、8フレット(C)(左手)、12フレット(E)(右手)

 

『F』時(構成音はF A C)

1弦5フレット(A)(左手)、8フレット(C)(左手)、13フレット(F)(右手)

 

と弾くとしっかりコードトーンにマッチしたフレーズとなります。

2つを比べると右手のポジションが1フレット違うだけですね!

 

この違いだけですが、きちんとコード進行を追ったフレーズが構築出来ています。

Fの時はFACの順で音を並べていませんが、『F』『A』『C』の3つの音が揃えば

FコードとなりますのでA C Fの順番でも大丈夫です!

 

何となく弾いていた方もこのようにコードを意識したタッピングフレーズも是非チャレンジしてみて下さい!

 

 

【スケールの観点から作るのにオススメ】なのはペンタトニック・スケール+αの音です。

もちろんペンタトニックではなくメジャーやマイナースケール等でも良いです。

アドリブでも出しやすいことを考えると、まずペンタトニック・スケールに+αの音を足すことから始めてみて下さい。

 

このAm-FというコードからAmのKeyとなりますので、Aマイナーペンタを使います。

+αの部分の音に今回は12フレットの音を選びます。

6〜1弦の順にE(ミ)A(ラ)D(レ)G(ソ)B(シ)E(ミ)となりますので、このKeyの音としては問題なく使えます。

 

しかも全部12フレットだとわかりやすくて安心して使えますね!

あとは良く使われる5〜8フレットのポジションのAマイナーペンタと組み合わせて使ってもらえば構造は簡単なのにトリッキーに聴こえます!

 

かなり前の動画なのですが、タッピングフレーズについて説明してるものがあるので

是非合わせて見てみて下さい。

 


初級レッスン『タッピング』by Real-G Guitar School

 

 

あとこれは奏法時の注意点なのですが、右手の指でハンマリングやプリングをするので上手くミュートが出来ていないと鳴らしたくない他の弦がなってしまうことがあります。

 

そうするとせっかく弾いている音が濁ってしまいフレーズが台無しになってしまうので、右手の手套部分や右腕、左手を駆使してしっかり余弦のミュートを行いクリアな音が出るように心がけてみて下さいね!

 

 

www.real-g-guitarschool.com