千葉・西葛西【ギター ウクレレ 教室】Real-G Guitar Schoolブログ

レッスン日記・ミニレッスン・音楽関連について書いていきます♪

MENU

コード周りの使えるオブリ

アドリブでバッキング時にオブリが出せるようになるためのレッスンでした!

 

例えばメジャーセブンス系のコードの時は9th,13thといったテンションが使えます。

このテンション(9,13)とコードトーン(R,3,5,7)の複音を押さえているコードの周りで探しておいてストックしておけばいつでもオブリを出すことが出来ます。

 

押さえているコードの度数を把握する必要がありますが、一旦度数を理解してポジションを覚えておけば形の記憶だけでも使用出来ますね。

 

ダイアトニックコードの中にはⅠM7とⅣM7があるので、同じ形のフォームの場合は周りにあるオブリの形も同じになります。

 

マイナーセブンス系の時には11thのテンションの相性が良いですが、

このマイナーセブンスのコードトーン(R,m3,5,m7)に11th(4)ということは

 

『R,m3,4,5,m7』となるのでマイナーペンタトニックのスケール構成音と同じになります。

ということは各マイナーセブンスコードの時にそのルートのマイナーペンタをいつでも弾くことが出来るんですね。

このペンタでオブリも作れます。

 

Ex.)

Dm7時(Dマイナーペンタ)、Em7時(Eマイナーペンタ)、Am7時(Aマイナーペンタ)

 

ソロだけでなくバッキングでもアドリブでオブリを出せるようになると、

伴奏が歌うようになって楽しいですよ♪

 

 

 

各種レッスンのお問い合わせは↓

www.real-g-guitarschool.com