千葉・西葛西【ギター ウクレレ 教室】Real-G Guitar Schoolブログ

レッスン日記・ミニレッスン・音楽関連について書いていきます♪

MENU

ブルース進行でのスケール

少しづつ日々のレッスンについても書いていこうと思います!

 

詳しいレッスンというよりは概要を書いてレッスンの雰囲気を知ってもらえたらなと思います♪

 

 

【Key=Gのブルース進行でのペンタトニックスケールの活用】についてのレッスンでした。

 

王道の12小節の進行で

 

|G7    |C7    |G7    |G7    |

|C7    |C7    |G7    |G7    |

|D7    |C7    |G7    |D7    |

 

となっています。

 

多くのギタリストの方は『キーはGかぁ、じゃあ得意のGマイナーペンタで!』

となるのではないでしょうか?

 

もちろんこの解釈でもカッコ良いフレーズを弾く方はいると思いますが、

今回はペンタを使うにしてももう少し進んだ使い方のレッスンでした。

 

G7に対しては先程のマイナーペンタの他にメジャーペンタも使うことが出来ます。

なのでこの2つのペンタトニック・スケールを合わせたミックスペンタを使用することで、より多彩なメロを奏でることが出来ます。

 

この12小節を大きな視点でKey=Gとして捉えることも出来ますし、それぞれの7thコードに対し

 

G7時=Gミックスペンタ

C7時=Cミックスペンタ

D7時=Dミックスペンタ

 

とスケールを使い分けることも可能です。

 

スケールを学ぶ時に必要なことなのですが、使える音がわかっただけでは音の羅列になってしまうことも多いと思います。

 

やはりそのスケールらしい音の歌い回しというのはあるので、教則本なり好きな曲なりから生きたフレーズを弾いて感覚を味わい身につけることが大切だと思います。

(※応用が利くようにフレーズコピーするときはその曲のキーやコード、スケールのポジションも確認しましょう)

 

最終的には頭の中で鳴っている音を瞬時にギターで奏でることが出来ることが目標となると思いますので、楽しみにながらそこを目指していきましょう!

 

 

www.real-g-guitarschool.com