千葉・西葛西【ギター ウクレレ 教室】Real-G Guitar Schoolブログ

レッスン日記・ミニレッスン・音楽関連について書いていきます♪

MENU

ブリッジミュート時の右手

ギター奏法に欠かせないブリッジミュートをかけたコードの刻み

 

みなさんカッコ良い音でエッジを効かせて弾けてますか?

 

 

エレキギターを弾いている方は特にパワーコードの刻みを多く演奏することがあると思います。

『右手でミュートをかけて弾くだけでしょ?』と侮るなかれ!

 

上手くかけられたコードの刻みはそれだけで音に説得力もありカッコ良く、

聴いている人を乗らせることが出来ます!

 

がっつりかけたミュートや少しミュート感を弱めたハーフミュートもありますが、

右手の置く目安は変わらないので見ていきたいと思います。

 

 

まず上手くかけられていない人は

・実音が鳴りすぎていてほとんどミュート出来ていない

・硬い部分で押し付け過ぎていて余韻も全くなく音程も不明瞭(ピッチも上がってしまう)

 

場合が多いように思われます。

 

ではどのように押さえると良い感じでミュートがかかるかというと

f:id:real-g:20190131123509j:plain

 

 写真のように小指の付け根から手のひらが終わるとこまでの間(赤のライン)の

約半分くらいの位置(黒のライン)にミュートをかけたい弦が来るようにします。

 

例として『G』のパワーコード(6弦3フレットと5弦5フレット)を弾くこととします。

 

この場合は2本弦があるのですが、6弦が先程の目安のところに来るように右手を置きます。

そして強く押し付け過ぎないようにしながら音の余韻感をコントロールします。

先程の場所に置くと肉厚部分なので程よく弦を包み混んでくれます。

なので軽く置く感じでも個人的にはしっかりミュートもかかり正しい音程も出ると思います。

 

 

今のを弦に対して縦の方向でどこに置くかということだとすれば

弦に対して(ネック側〜ブリッジ側)の方向でどこに置くかも重要ですね!

 

置く場所によってこれまたミュート感や音程も変わってしまうので最適な場所に置きたいものです。

ネック側に行けば音がどんどん詰まります。

ブリッジの側から置いて余韻を聴きながら微調整してみて下さい。

 

実音も鳴らしてみて、ミュートかけても音程が変わらない場所までの間で調整して下さい。

 

 

パワーコードのみならず、1〜3弦をミュートをかけてアルペジオやフレーズを

弾くこともあります。

弦が細くなると右手の感覚も変わるので、全ての弦でミュートがうまくかけれるように

微調整しながら試してみて下さい。

特にこの1〜3弦のミュートをしようとするとギターのボリュームのノブが邪魔になり避けようとすると小指側が浮いてしまうことがあります。

そうすると実音がなりやすくなってしまうので注意してみて下さい。

 

 

最適な場所がわかったら瞬時にその場所でミュートがかけれるように練習してみて下さいね!

 

 

www.real-g-guitarschool.com