千葉・西葛西【ギター ウクレレ 教室】Real-G Guitar Schoolブログ

レッスン日記・ミニレッスン・音楽関連について書いていきます♪

MENU

コードを押さえる力加減は!?

 

  皆さん普段どのくらいの力でコードを押さえていますか?

  

たまに音が鳴らないからといってめちゃくちゃ力んでしまう方がいますが、

基本『右手』も『左手』もリラックスして最小限の力でというのが僕の中の理想です。

 

右手はピックを持つ力、左手は指板を押さえる力についてですね。

 

 

今回は特に左手についてお話ししますが、

 

必要以上に力み過ぎていると『弦を引っ張ってしまい音程が変わってしまう可能性』があります。

弦を引っ張っているので『隣の弦に指の腹で触れてしまって音を止めてしまう』かもしれません。 

 

あと『コードチェンジがスムーズに行えなくなる』というのもありますね。

 

 

どのくらいの力が理想なのかをチェックしてみましょう!!

 

まずはどの指でも良いのですが左手の人差し指を使いましょう。

 

6弦5フレットを押さえるとして、まだ押さえ込まずに弦に触れている状態にします。

そこから軽くピッキングしながら左手人差し指を押し込んでいきます

(※押さえるときはフレットのすぐ近くを押さえるようにしてください)

 

 

そうすると音が出る瞬間があると思うのですが、

 

それが理想の力加減です!!

 

 

思ったより弱い力で音が鳴っていませんか?

普段必要以上に力を入れていることに気がつくはずです。

 

他の指に変わったり、6弦以外を押さえるとまた弦の太さも違って感覚も変わるので

それぞれ試してみてください!

 

 

【最後にコードが綺麗に鳴らない理由をいくつか挙げてみます】

 

①指先がきちんと立てられず隣の弦に触って止めてしまっている

 

爪が伸びていて指を立てようとすると、先に爪が指板に当たって立てられないことがあります。

爪より指の肉が出てる方がコードは押さえやすいです。

が、深爪など指を痛めないように気をつけながら調整してください。

 

②単純に音が鳴るまでの力が入れられていない

 

複数の弦に触れているので、自分では力を入れているつもりが特定の指だけ

力が入っていない可能性があります。

指の独立性が出てくるとどの指をどのくらいの力でと、自由にコントロール出来るようになります。

指で押さえている弦を一本づつピッキングして確認してみましょう。

ここでも力は最小限にがポイントです!!

 

③まだ指先が硬くなっていないので、弦が指に食い込み過ぎる

 

ギターを弾いていくと指先の皮が厚くなっていきます。

最初の内は柔らかいので弦が食い込んでしまい、音が出にくいこともあるかもしれません。

だんだんと硬くなれば、硬いもの(指先)と硬いもの(指板)で挟む形になるので、

音も楽に出るようになってきます。

そうなるとさらに力は抜くことが出来ますね!

 

 

コードが最初から綺麗に鳴らなくても最初は気にし過ぎず、

コードのフォームを覚えているくらいの感じで押さえ続けて下さい。

 

そして鳴っている弦があればその音を楽しんで下さい

 

そうしている内に慣れてくれば上に挙げたように

・指の独立性が出てくる→指先を立てたりもコントロールしやすくなる

・指の感覚が鋭くなる→どの指が押せてるか、隣の弦に触れていないかなどわかる

・指先の皮が厚くなれば痛みもなく軽いタッチで音が出るようになる

 

となります。

 

是非理想の力加減をチェックしてみて下さいね!!

 

 

www.real-g-guitarschool.com